ノクト星景(肉眼彗星)

母親の一周忌法要の帰省および悪天候つづきでブログが2週間ほど休眠状態になってしまいましたが、昨夜は晴れ間を求めて新潟県村上市岩ヶ崎海水浴場まで遠征しましたので、その釣果を紹介いたします。

200719_1(z7).jpg


撮影日時:2020年7月19日(20h17m 露出2sec×4枚加算平均)
撮影地:新潟県村上市岩ヶ崎海水浴場
カメラ:ニコンZ7(ISO400)
レンズ:NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct (開放)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7

肉眼彗星になったネオワイズ彗星(C/2020F3)は、各メディアに取り上げられていましたが、沖縄、東北北部、北海道以外では梅雨前線に阻まれ観測機会が無い状態が継続し悶々とした日々を過ごしていました。

しかし、昨夜は新潟県が晴れ、遅ればせながら、ここに紹介した画像を得ることができました。

ネオワイズ彗星は、8×56双眼鏡で2.5等と見積もりました(肉眼でダストテールが、はっきり確認できる大彗星で、久々に心が揺さぶられた感じです)。





































































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

星空彷徨人
2020年07月20日 17:37
 いつも楽しみに拝見しています。ようこそ新潟県下越(北部)へ、ここのところ13日から雲のきれ目がちょくちょくと出ています。県内は15日に地元で撮影された画像がNHKのローカルと地方紙でニュースとなり一般の方の関心が高くなっておりました。私は、岩ヶ崎より30Kほど北上したところにいましたが当地は海霧か水蒸気?で旧ノクトを止め旧85ミリF1.4レンズで撮影していました。久しぶりに肉眼で尾が見える彗星を観望でき1975nを想い出しました。
くまくま
2020年07月20日 20:07
星空彷徨人さん お疲れ様です。

コメントありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。
さて、7月9日から16日までは母親の一周忌法要で四国へ帰省していたためネオワイズ彗星観望が叶は無い状況でした。
また、コロナ禍と云うことで四国から埼玉県まで約800kmのクルマ移動後でしたから還暦過ぎの老体には辛い新潟県下越遠征となりました。
しかし、ネオワイズ彗星の雄姿を見ると、疲れが一瞬に解消されたように思います。
また、還暦過ぎの天文愛好家ですから、当方もC/1975V1(ウエスト彗星)の記憶がよみがえりました(1976年3月中旬、イルカ座近傍に位置していた頃のウエスト彗星の雄姿がフラッシュバックした感じです)・・・。