星景写真(星の道)

昨日から米国で開催されている世界最大の技術見本市「CES2020」で、ソニーの次世代車両『VISION-S(ビジョンエス)』が注目されているようです。
具体的には車載向けCMOSイメージセンサーなど数種類のセンサーを合計33個配置しイメージング・センシング技術により、安心・安全で快適な移動体験の実現に貢献することを目指しているようです。

あくまで個人的見解ですが、ミラーレス一眼で元気があるソニーは、カメラ業界にとどまらずに車載向けにイメージング・センシング技術を展開し技術の深堀ができているように思います(この深堀がカメラ業界にシナジー効果をもたらしてくれるのではないでしょうか)。

さて、本日もノクト58mmで撮影した星景画像を紹介いたします。

191224_16(z7)a.jpg

撮影日時:2019年12月24日(28h51m 露出3sec×4枚加算平均)
撮影地:中禅寺湖(歌ヶ浜駐車場)
カメラ:ニコンZ7(ISO3200)
レンズ:NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct (開放)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7

厳寒の中禅寺湖に映し出されたシリウス由来の星の道をノクト58mmで切り取ってみました。

また、ショパンのノクターン第2番をBGMに、この画像を鑑賞いただくとグッとくるのではないでしょうか・・・。




























ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント