ジャコビニ-ツィナー彗星と赤ちゃん星雲

不安定な、お天気つづきで、お盆休みは星見遠征が無く、ストレスが蓄積されていましたが、日本列島が秋の高気圧に覆われるとの天気予報で昨夜は星見遠征したしだいです。また、スーパーコンピュータが予測する高解像度の天気予報GPVの予報では薄雲が広がる予報でしたが、それなりの釣果(彗星画像)がありましたので、その釣果を紹介いたします。

画像


撮影日時:2018年8月17日(25h14m 露出:120sec×16枚 恒星基準加算平均合成)
撮影地:北軽井沢
カメラ:ニコンD810A(ISO3200)
レンズ:AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED (F4.5)
赤道義:GN170ノータッチ
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7にて合成

カシオペア座にある赤ちゃん星雲と呼ばれる散光星雲(IC1848)とジャコビニ-ツィナー彗星のランデブー画像です、

撮影対象を赤ちゃん星雲とジャコビニ-ツィナー彗星のランデブーにしぼっての遠征で、薄雲から出てきたタイミングで撮影できたラッキーな1枚になります・・・。




この記事へのコメント

この記事へのトラックバック