テーマ:銀河

冬の銀河

昨夜は長野県八千穂高原に星見遠征しました。月没時刻に八千穂高原はガスに覆われ星見ができたのは4時前から薄明までの数十分間でした。本日は、その貴重な数十分間に撮影した星野写真を紹介いたします。 撮影日時:2008年10月11日(28h08m 240sec×8枚) 撮影地:長野県八千穂高原 カメラ:ニコン D300(改…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アントシアニン効果

昨日の北軽井沢遠征で関越高速、上里サービスエリアでブルーベリーが販売されていたので、1パック(100g入り)を購入し、サービスエリアで1パックを完食しました。 【デ-タ】2008/08/9、24:31 JST (480sec×4枚) Ai AF Nikkor 28mm F1.4D(F2.8) ニコン D300(改造、ISO 400…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国で撮影した『夏の銀河』 -その2-

本日は仕事で松山に出張しました。松山は夏空が広がりセミが鳴き始めています。うらやましい限りです。関東地方の梅雨明けはいつになるやら? さて、松山では4年ぶりに鯛めし定食(鯛の炊き込み御飯、鯛の吸い物、茶碗蒸しのセットメニュー)を味わいました。出張なので贅沢できませんでしたが、この鯛めし定食と鯛そうめんは松山名物でお勧めです(今風に表現…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四国で撮影した『夏の銀河』

明日は仕事で四国、愛媛県に出張(日帰出張)します。2002年~2004年は尾道に在住しており、当時は、2~3回/年の頻度で四国へ遠征し、星の写真を撮っていました。当時はデジタル一眼レフにハマル前で、フィルムカメラでの撮影がメインでした。その当時が何か遠い昔のような気がします。 デジタル一眼レフの進化は幾何級数的進化で、まさに『ドッグイ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『夏の銀河』と云う呼称について

北半球に位置する日本では、いて座から白鳥座の領域に広がる銀河を『夏の銀河』と呼んでいます。このことは、いままで何も疑問に思っていませんでした。 今年のGWに南半球のオーストラリアで思ったことは、いて座から白鳥座の領域に広がる銀河をオーストラリア人はなんて呼ぶのだろうと云う素朴な疑問です(オーストラリア人はきっと『冬の銀河』と呼んでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全周魚眼による『夏の銀河』

本日は『七夕ライトダウン』されましたが、天候は、あいにく曇り空で星が見えなかったのは残念です。そこで、七夕にふさわしい写真を紹介いたします。 18年前に乗鞍畳平からスカイメモとカメラをしょって大黒岳に登り撮影したものです。 梅雨明けはメタボ解消の山登りを再開しようと考えています。 【撮影データ】 撮影日時:1990年5月26…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more