テーマ:星雲・星団

M1(かに星雲)とアトラス彗星(C/2020M3)

埼玉県北部は週末までスッキリしない天気が続くとの週間予報から、かに星雲とアトラス彗星のコラボを狙うには24日未明しかないとの判断し遠征したしだいです。 それでは11月24日未明に撮影した、かに星雲とアトラス彗星のコラボ画像を紹介いたします。 撮影日時:2020年11月23日27h49m(露出:240sec×8枚加算平…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ヒヤデス星団

先般、D6でM45を撮影し柔らかな分子雲描写に驚き、その分子雲描写ポテンシャルを見極めるためヒヤデス星団を撮影してみました。 それでは、D6で撮影したヒヤデス星団画像の紹介です。 D6画像 D810A画像(比較画像) 撮影日時:2020年11月21日(26h26m 露出300sec×20枚加算平均) 撮…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エンゼルフィッシュ星雲&アトラス彗星(200mm)

寒冷前線が通過し木枯らしの冷たい朝ですが、土日の楽しい星見遠征を終えての爆睡から心地よい目覚めとなりました。 さて、本日も昨日に続いてエンゼルフィッシュ星雲とアトラス彗星のコラボ画像の紹介です。 撮影日時:2020年11月21日(23h10m 露出300sec×12枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

11月21日のエンゼルフィッシュ星雲(Sh2-264)&アトラス彗星

昨夜は古い星仲間と遠征地で待ち合わせ、久しぶりの多人数の星見になりました(三密対策は実施しております)。 また、撮影の合間にいろいろな星談義や情報交換で楽しい時間が過ごせ欲求満タンと云ったところでしょうか・・・。 それでは、昨夜の釣果を紹介いたします(釣果はエンゼルフィッシュ星雲とアトラス彗星のコラボ画像になります) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリオン座中心部とアトラス彗星(C/2020M3)(2)

11月11日の遠征疲れが尾を引いていましたが、14日以外は新月期の遠征を控えることで疲れが癒え、通常の体調に戻ったように思います(コロナウイルスの第三波が来ていますから手洗いうがいを励行して行きます)。 さて、本日はUPするタイミング逃した少し前の作品紹介になります。 撮影日時:2020年11月11日(26h02m …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベラトリックス近傍の分子雲とアトラス彗星(C/2020M3)

アトラス彗星(C/2020M3)はオリオン座を通過した後、12月はぎょしゃ座を通過しますからぎょしゃ座の散光星雲とのコラボが楽しみになります。 さて、本日は400mmで撮影したベラトリックス近傍の分子雲とアトラス彗星のコラボ画像を紹介いたします。 撮影日時:2020年11月14日26h33m (露出:180sec×2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンゼルフィッシュ星雲(Sh2-264)&アトラス彗星(2)

昨日に続いてエンゼルフィッシュ星雲とアトラス彗星のコラボ画像の紹介です。 本日の画像は200mmで切り取った画像になります。 撮影日時:2020年11月14日(25h05m 露出300sec×12枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD810A(ISO3200) レンズ:AF-S NIKKOR 200mm …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

M45(プレアデス星団)

M45は黄道近傍に位置しているため黄道光や対日照の影響を受けやすい対象になります。 特に分子雲の描写に影響しますから黄道光、対日照の影響の無い11月は撮影に好適なシーズンになります。 そこで、本日は11月14日に撮影したM45(プレアデス星団)画像を紹介いたします。 トリミング画像(800mm相当) ノートリ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

エンゼルフィッシュ星雲(Sh2-264)&アトラス彗星

土曜の夜は、新月、快晴微風、夜露なしの三拍子揃った星空を満喫でき運気が上昇しているように思う今日この頃です・・・。 さて、本日はエンゼルフィッシュ星雲とアトラス彗星のコラボ画像の紹介です。 撮影日時:2020年11月14日(27h47m 露出300sec×7枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD810A…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

シリウス&M41

シリウスは、全天に21個存在する1等星の中で最も明るい恒星で、その明るさはー1.46等になり、冬の星空で最も目立つ存在です。 そして、小学生対象の天体望遠鏡観測会(子供会)等では月、土星に次いで人気のある観望対象になります(望遠鏡で見るキラキラ感が子供たちの心を揺さぶっているようです)。 それでは、11月12日未明に撮影した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

IC5146(まゆ星雲)

先般の北軽井沢遠征では、-7℃まで冷え込んだせいか遠征疲れがとれません。この土日は新月期ではありますが、しっかりと休養をとり体力回復に努めたいと思います さて、本日も11月11日に撮影した星空画像の紹介です。 撮影日時:2020年11月11日20h38m (露出:180sec×32枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オリオン座中心部とアトラス彗星(C/2020M3)

昨夜は快晴が予報されていましたから、オリオン座中心部とアトラス彗星のコラボ狙いで北軽井沢へ星見遠征しましたので、その釣果を紹介いたします。 撮影日時:2020年11月11日(24h54m 露出300sec×12枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD810A(ISO3200) レンズ:AF-S NIKKOR …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

NGC7293

11月5日は薄明終わりから月の出まで、2時間弱ではありましたが秋晴れに誘われてドライブがてら霧ヶ峰へ星見遠征しましたので、その釣果を紹介いたします。 撮影日時:2020年11月5日18h4m (露出:180sec×32枚加算平均) 撮影地:霧ヶ峰 カメラ:ニコンD810a(ISO1600) レンズ:AF-S NIKK…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流星と流星痕

比較的明るい流星が通った跡に残る淡く輝く痕跡を流星痕と呼びます。この流星痕は流星が発光した後に残す流星物質が光るもので、数秒から数十分にも及んで残存することがあります。 そこで、本日は星雲星団画像を撮影中に捉えた流星と流星痕画像を紹介いたします。 撮影日時:2020年10月17日(上24h31m、下24h35m …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クエスチョンマーク星雲

先般の星見遠征の疲れからか口内炎ができ食事がつらい状況です(季節の変わり目は寒暖差が大きく体調管理が難しい時期ですから十分な休養を取りたいと思います)。 さて、本日は散光星雲の並びがクエスチョンマークに似ているエスチョンマーク星雲の紹介です。 撮影日時:2020年10月20日(24h30m 露出:240sec×28枚…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アトラス彗星とM79(球状星団)

2020年は彗星が星雲星団に接近する頻度が多かったように思えます。 いま観測好機を迎えているアトラス彗星(C/2020M3)は11月にオリオン座の西側を通過しますから分子雲とのコラボが、いまから楽しみになります。 さて、本日は昨日未明に撮影したうさぎ座に位置するM79(球状星団)とアトラス彗星のコラボ画像を紹介いたします。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

h-χ(エイチカイ)

本日は高層雲、散在下でもバエル(映える)対象のペルセウス座二重星団を紹介いたします。 撮影日時:2020年10月17日27h35m (露出:120sec×32枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD6(ISO6400) レンズ:AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR     +T…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M35、NGC2158、NGC2174、IC443

先般の遠征では、終夜高層雲が散在する状況から高層雲が通過してもバエル(映える)対象として、モンキー星雲と呼称されるNGC2174とM35(散開星雲)のコラボ画像を撮影しましたので、その釣果を紹介いたします。 撮影日時:2020年10月17日(24h31m 露出:180sec×24枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バラ星雲(NGC2237、2238、2239、2246)

昨日未明の遠征は、月没から薄明までの時間が90分程度でしたが、9月の長雨で満足な星見ができていなかったことから強硬遠征したしだいです。 それでは、昨日未明に撮影したバラ星雲を紹介いたします。 撮影日時:2020年9月28日27h42m (露出:120sec×32枚加算平均) 撮影地:渋峠(長野県側) カメラ:ニコ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニコンD6で撮影したM33

ニコンD6は主にネイチャー写真や星景写真で運用しようと考えていましたが、8月15日に撮影したM31で、滑らかで立体感のある画像が得られ星雲写真の運用も可能と考え、8月19日夜はM33を撮影してみました。 それでは、ニコンD6で撮影したM33画像を紹介いたします。 撮影日時:2020年8月19日23h02m (露出:1…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

M31(アンドロメダ銀河)

昨夜前半は西側が開けた北軽井沢でネオワイズ彗星を狙い、後半は明け方の細い月と金星のランデブー狙いで渋峠へ移動しました。 また、渋峠には23時前に到着し、明け方までの時間は星雲星団撮影で過ごしたしだいです (撮影状況は薄雲が散在する状況で2分露出を64枚撮影しましたが使えた画像は48枚でした)。 それでは、8月15日に撮影し…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

8月13日のネオワイズ彗星(C/2020F3)&NGC5248

またまた、避暑がてらのダメモト遠征で北軽井沢へ遠征しましたので、その釣果を紹介いたします。 撮影日時:2020年8月13日21h04m (露出:60sec×16枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD810A(ISO3200) レンズ:AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR (F5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ケフェウス座のIC1396

6月28日は月没が24時でしたから21時まで仮眠を取り22時遠征出発の予定でしたが、仮眠を1時間寝過ごしたため撮影時間を1時間ロスしてしまいました(貴重な梅雨の晴れ間だけに残念)。 さて、本日は6月29日未明に撮影した星雲星団画像の紹介になります。 撮影日時:2020年6月28日25h43m (露出:180sec×2…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6月28日(UT)のパンスターズ彗星(C/2017 T2)

昨夜は、貴重な梅雨の晴れ間が訪れましたから、北軽井沢へ星見遠征を実施しました。早速その釣果を紹介いたします。 撮影日時:2020年6月28日25h07m (露出:120sec×8枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD810A(ISO6400) レンズ:AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

2020年前半ベストセレクション(星雲星団編)

昨日の彗星ベストセレクションに続き本日は、2020年前半(6ヶ月間)に撮影した星雲星団画像のベストセレクションをお届けいたします。 2020年前半はコロナ禍で、多くの山々において入山規制が敷かれ星景撮影を断念した分、無対人遠征での星雲星団撮影が増えています。 そして、星雲星団の撮影頻度が増えた分、例年より高品位な星雲星団画像…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

M8、M20、IC1274-5(猫の手星雲)

みんな大好きなさそり座のカラフルタウンは未明に南中する時期が3月から5月の晴天率の高いシーズンになりますが、本日紹介のM8、M20、IC1274-5(猫の手星雲)が未明に南中する時期は5月から7月で晴天率が低いシーズンになるため満足できる画像が得られない状況が長く続いていました。 そんな中、6月17日未明に安定した快晴に恵まれ、よ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

網状星雲(NGC6992、NGC6960)

21日は国内で部分月食が起きますから、お天気が気になります。 この日食は台湾で金環日食になり、旅行代理店で多くの金環日食ツアーが計画されていましたがコロナ禍ですべて中止になっています(当方、金環日食ツアーの参加は考えて無かったので問題ないのですが、日食愛好家の方々には残念な結果となっています)。 さて、本日は昨日未明に撮影した星…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

6月16日のパンスターズ彗星(C/2017 T2)とM109

昨夜は、幸運にもパンスターズ彗星とM109のランデブーのタイミングに合わせるように貴重な梅雨の晴れ間が訪れランデブー画像をものにすることが叶いましたので、その画像を紹介いたします。 撮影日時:2020年6月16日22h54m (露出:120sec×8枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD6(ISO6400) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パンスターズ彗星(C/2017 T2)のまとめ

肉眼彗星と期待されたアトラス彗星(C/2019 Y4)、スワン彗星(C/2020 F8)の両彗星は核の崩壊により期待外れの残念な存在でしたが、パンスターズ彗星(C/2017 T2)は、2月初旬にペルセウス座二重星団(H&χ)に接近していた頃から約5ヶ月間にわたり8等台をキープし彗星愛好家を楽しませてくれています。 そこで、本日は5…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

薄雲にけむるM31

本日は、先般の遠征で薄雲があり満足できる作品レベルに達しないと分かりながら、薄雲で恒星がニジム効果を確認するために撮影したM31画像を紹介いたします。 撮影日時:2020年5月27日(26h37m 露出:180sec×6枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD810A(ISO1600) レンズ:AF-S N…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more