星景写真(残像)

終夜、星空を満喫し東天が紅に焼け始めた時に、満天の星空の残像を感じることがあります。そこで、残像の意味を辞書で引くと「強い刺激を見た後、その刺激がなくなっても、像が見える現象」とされています。 さて、本日は天文愛好家が星空を満喫した朝に見る残像(心象風景)を画像化した作品の紹介になります。 撮影日時:2021年4月8…
コメント:2

続きを読むread more