星景写真(佐久平の夜明け)

本日も4月9日未明に撮影した星景画像の紹介です。

具体的には薄明時、佐久平に雲がアイランド状に点在し雲海未満のタイミングで、昇るカシオペア座を作画した作品になります。

210408_1a(d810a).jpg


撮影日時:2021年4月8日(27h50m 露出:300sec×4枚比較明)
撮影地:八千穂高原
カメラ:ニコンD810a(ISO400)
レンズ:AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED(F4.0)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージVer.7


フィルムカメラ全盛時代を知らない若い天体写真愛好家の方々は、ご存知ないと思いますが天文誌のフォトコン応募規定にカラー写真はリバーサルフィルム(ポジフィルム)に限定されていた時代がありました。

当時、星景写真は富士フィルム社製、RSPⅡ(フジクロームP1600D)を常用フィルムとして愛用していましたから、RSPⅡの発色には強いこだわりを思っていました。

そこで、今回の紹介画像はフィルムライクな発色を意識して仕上げてみました。

時代遅れな感じですが当方的には満足できる発色になりました・・・。



















































































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ひろたろう
2021年04月11日 16:52
くまくまさん、お疲れ様です。
本当に美しい佐久平の星景画像ですね!
一見リバーサルフィルムの撮像かと思いました!(◎_◎;)
昇るカシオペア座また歴史に残る作品が生まれましたね!
また遠征したいですね^ - ^
くまくま
2021年04月11日 21:14
ひろたろうさん お疲れ様です。
八千穂高原のレストハウスのリニューアルで、成長したカラマツを伐採したため視界が良くなりましたから八千穂高原への遠征頻度を増やしたいと思う今日この頃です。
都合が合えば、また同行遠征したいですね・・・。