2021年Q1(1-3月)ベストセレクション星景編

昨日の星雲星団編に続いて2021年Q1(1-3月)ベストセレクション星景編をお届けいたします。 さて、2021年Q1は、これを含めブログ更新が74回、22.3回/月ペースで通算2201回になりました。 2021年Q1は緊急事態宣言で近場遠征が増えたため星景画像の釣果は減り、寂しい釣果となりましたが会心作はそれなりにあったよう…
コメント:0

続きを読むread more

2021年Q1(1-3月)ベストセレクション星雲星団編

早いもので2021年も3ケ月が過ぎようとしています。 そして、2021年Q1(1-3月)の星見遠征頻度は3.3回/月ペースで10回遠征し、18カットの星雲星団画像を得ています。 そこで、本日は今年1-3月の星雲星団画像のベストセレクション(6選)をお届けいたします。 【北極星近傍の分子雲】 ポラリスフレア(Polaris…
コメント:0

続きを読むread more

望遠星景(沈むオリオン座)

昨夜の雨は花散らしの雨になるかと心配しましたが、まだまだ踏ん張っていて今週いっぱいは持ちそうな感じです(晴れたタイミングで地元のサクラ星景を狙う予定です)。 さて、本日は3月10日に撮影した望遠星景画像の紹介です。 撮影日時:2021年3月10日22h30m (露出:900sec単画像) 撮影地:小浅間山西峰 カ…
コメント:0

続きを読むread more

星景写真(銀河中心部)

本日は、2020年11月に発売になったニコンのミラーレスカメラ、Z6Ⅱで本格的に銀河中心部を狙った星景画像の紹介です。 撮影日時:2021年3月23日(28h03m 露出5sec×6枚加算平均) 撮影地:八千穂高原 カメラ:ニコンZ6Ⅱ(ISO12800) レンズ:NIKKOR Z 24-70mm f/2.8 S (…
コメント:2

続きを読むread more

さそり座頭部の散光星雲

春の銀河まつりからみんな大好きサソリ座のカラフルタウンのシーズンインになりましたから本日は、3月24日未明に135mmで撮影したサソリ座のカラフルタウン画像の紹介です。 撮影日時:2021年3月23日(27h02m 露出300sec×20枚加算平均) 撮影地:八千穂高原 カメラ:ニコンD810A(ISO800) レン…
コメント:2

続きを読むread more

星景写真(佐久平に昇るカシオペア座)

当方が在住する埼玉県熊谷市には『日本さくら名所100選』の熊谷桜堤があり例年、「熊谷さくら祭」が開催されます。しかし、昨年、今年とコロナ禍で中止になっています(残念)。 そして、サクラの下で飲食を伴う宴会についても自粛要請がでています。 しかしながら、散歩をしながらのお花見はOKになっていますから例年、混雑で撮影できなかった熊谷…
コメント:0

続きを読むread more

星景写真(ベテルギウス、アルデバラン、火星)

昨日の朝は冷え込んだものの昼間は穏やかで温かい陽気でソメイヨシノが急激に満開に向かっています。 さて、本日は3月10日に撮影した星景画像の紹介です。 撮影日時:2021年3月10日21h32m (露出:5sec×8加算平均) 撮影地:小浅間山西峰 カメラ:D810a(ISO6400) レンズ:AF-S NIKK…
コメント:0

続きを読むread more

望遠星景(浅間山とM83)

本日の埼玉県北部はソメイヨシノが三分咲きで百花繚乱、春爛漫状態の穏やかな一日が過ごせそうです。 さて、本日は3月18日未明に撮影した望遠星景画像の紹介です。 撮影日時:2021年3月17日(27h10m 露出:1sec×4枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD6(ISO52600) レンズ:AF-…
コメント:0

続きを読むread more

星景写真(銀河中心部)

埼玉県に在住する当方、緊急事態宣言が解除され精神的に楽になり、これからは星空撮影に集中できると思います(しかしながら、気を緩めずに、マスク、手洗い、うがい、対人距離といったこれまでの対策を継続していくつもりです)。 さて、本日は3月18日未明に撮影した星景画像を紹介いたします。 撮影日時:2021年3月17日(28h…
コメント:2

続きを読むread more

Sh2-1

近くの運動公園を散歩しているとソメイヨシノが一部咲き状態でしたから満月期は満開のソメイヨシノを取り込んだ星の軌跡表現でサクラ星景を狙う予定です。 さて、本日は3月18日未明に撮影した星雲画像の紹介です。 撮影日時:2021年3月17日26h23m (露出:120sec×64枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:…
コメント:2

続きを読むread more

星景写真(オリオン座)

2021年の3月は例年より暖かい日が多いせいかヘイズの強い星空が多く、高品位な作品釣果が皆無に近い状況ですから、スッキリしたヌケの良い星空が恋しい今日この頃です。 さて、本日は3月10日に撮影した星景画像の紹介です。 撮影日時:2021年3月10日21h37m (露出:5sec×8枚加算平均) 撮影地:小浅間山(西…
コメント:0

続きを読むread more

M97&M108

春霞でヘイズが強い状況下でも影響が少ない撮影対象は系外星雲になりますので、本日は560mmの焦点距離で撮影したM97&M108画像(1000mm相当にトリミング)の紹介です。 撮影日時:2021年3月17日24h31m (露出:120sec×32枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD6(ISO6400) レ…
コメント:0

続きを読むread more

星景写真(浅間山とサソリ座)

昨夜は快晴が見込まれたことから、ホームグラウンド的星見遠征地の北軽井沢に遠征しましたので、その釣果を紹介します(本日未明に撮影した星景画像の紹介です)。 撮影日時:2021年3月17日(28h39m 露出:10sec単画像) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD6(ISO6400) レンズ:AF-S NIKKOR 58…
コメント:0

続きを読むread more

地球照

晴天が続いていますが、黄砂およびスギ花粉の飛散でヘイズが強く、星空撮影へのテンションが上がりません。 そこで、透明度の影響が少ない月面を撮影しましたので本日は、その画像紹介です。 撮影日時:2021年3月15日(18h 40mJST 露出1sec単画像) 撮影地:自宅ベランダ カメラ:ニコンD6(ISO6400)…
コメント:0

続きを読むread more

星景写真(ヒヤデス、プレアデスと火星)

昨日は、北京で「この10年で最悪」と報じられた黄砂が、日本にも飛来したようでクルマのフロントガラスにスギ花粉とは明らかに違う砂粒の汚れがありました。 さて、本日も3月10日に撮影した星景画像の紹介です。 撮影日時:2021年3月10日20h39m (露出:5sec×8枚加算平均) 撮影地:小浅間山(西峰) カメラ…
コメント:0

続きを読むread more

星景写真(細い月と飛行機)

昨日の夕方、月齢1.7の細い月を自宅ベランダから撮影しようと機材をセットアップしていると細い月に軍用飛行機(プロペラ機)が接近していることに気付き、あわてて撮影したしだいです。 それでは、昨日撮影した細い月と軍用飛行機のコラボ画像を紹介いたします。 撮影日時:2021年3月15日(18h 13mJST 露出 1/12…
コメント:4

続きを読むread more

星景写真(沈むオリオン座)

昨日は、東京の桜(ソメイヨシノ)が開花と報じられていました。 そして、2021年は桜前線が早まることが推測されますからサクラ星景プランも数パターン準備しなければと思う今日この頃です。 さて、本日も、3月10日に撮影した星景画像の紹介です。 撮影日時:2021年3月10日22h05m (露出:300sec×3比較明)…
コメント:0

続きを読むread more

望遠星景(浅間山ベストセレクション)

3月6日に更新した望遠星景(霧ヶ峰富士見台総集編)が高評価を得たことから、本日は浅間山をモチーフにした望遠星景のベストセレクション(最新作を含む)をお届けいたします。 【バラ星雲とベテルギウス(最新作)】 まず、最初に紹介するのは最新作のバラ星雲、ベテルギウスと浅間山のコラボ画像です。 浅間山が噴煙の無いスタティックな状態だっ…
コメント:0

続きを読むread more

星景写真(浅間山に沈むオリオン座)

新月期ですが、終日雨のようです。明日未明に回復すれば夏の星座が狙えますが、3月10日の星見登山疲れ(筋肉痛)が癒えていませんから、おとなしく巣ごもりで画像処理を行いたいと思います。 さて、本日も3月10日の星見登山で撮影した星景画像を紹介いたします。 撮影日時:2021年3月10日22h03m (露出:5sec×8枚…
コメント:0

続きを読むread more

望遠星景(シリウスとM41)

体力維持で週五回の1万歩ウオーキングを実施していますが、一昨日の登山星見遠征ではいろいろな負荷がかかり筋肉痛に悩まされているところです。 さて、本日も3月10日の登山星見遠征で撮影した星景画像の紹介です。 撮影日時:2021年3月10日22h56m (露出:2sec×4加算平均) 撮影地:小浅間山西峰 カメラ:D…
コメント:0

続きを読むread more

星景写真(浅間山と沈む冬の星座)

昨夜は快晴が見込まれたことから、浅間山を入れた星景を狙うため日没とともに登山星見遠征に行ってきました。 具体的には、登山口の峰の茶屋から小浅間山(1655m)に登るルートで、標高差250m、往路コースタイム70分、復路コースタイム50分と初級者向け登山コースで夜間でもリスクの少ない登山コースです。 それでは、昨日の登山星見遠…
コメント:0

続きを読むread more

星景写真に関する考察(31)

3月に入り残念な天気がつづいていますから星空写真がネタ切れ状態です。 そこで、本日は過去画像紹介と『星景写真に関する考察』を更新いたします。 昨日も言及しましたがコロナ禍で星空撮影頻度が低下した分、こころを揺さぶるエモーショナルな画像(エモい画像)イメージの模索時間が増えています。 そんな中、昨年11月に書店で、米国の写真…
コメント:0

続きを読むread more

星雲の固定撮影(プレセペ星団)

コロナ禍で星空撮影頻度が低下した分、こころを揺さぶるエモーショナルな画像(エモい画像)イメージの推考時間が増えています。 そして、新たに発想した画像として2021年1月から逐次紹介しているのが星雲の固定撮影になります。 具体的には焦点距離560mmの超望遠で星雲星団を星の軌跡表現で描写した画像になります。 また、この星…
コメント:0

続きを読むread more

望遠星景(霧ヶ峰富士見台総集編)

標高約1700mで視界の開けた霧ヶ峰富士見台は、蓼科山、八ヶ岳連峰、富士山、南アルプス、中央アルプス、御嶽山、北アルプスの眺望が楽しめるビューポイントですから、当方にとっては望遠星景の宝庫と云えるロケ地になります。 そこで、本日は霧ヶ峰富士見台から撮影した望遠星景のベストセレクションを紹介いたします。 【槍・穂高とパンスター…
コメント:2

続きを読むread more

星景写真(よこたわる銀河)

本日発売の「月刊星ナビ2021年4月号」の星好きな仲間が出合う、読者限定誌上掲示板、星ナビひろばにある『ネットよ今夜もありがとう』に、弊ブログの自己PRが掲載されましたので簡単に紹介いたします。 この『ネットよ今夜もありがとう』はリレー形式でホームページやブログを紹介していくコーナーで、先月掲載された軽トラおやじ(https://…
コメント:4

続きを読むread more

星景写真(カラス座とスピカ)

寒暖差が大きく体調管理が難しい季節ですが、コロナ禍が始まった昨年2月から継続している手洗いうがいで乗り切りたいと思う今日この頃です。 さて、本日紹介する画像は2月22日未明に撮影した星景画像になります。 撮影日時:2021年2月21日27h20m (露出:5sec×8枚加算平均) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコン…
コメント:0

続きを読むread more

望遠星景(ω星団)

本日は、先月紹介した霧ヶ峰富士見台から撮影した望遠星景画像2作品(銀河中心部、北アメリカ星雲)に追加して、ω星団の望遠星景画像を紹介いたします。 撮影日時:2021年2月19日(26h00m 露出:1sec×4枚加算平均) 撮影地:霧ヶ峰富士見台 カメラ:ニコンD810A(ISO12800) レンズ:AF-S N…
コメント:0

続きを読むread more

星雲の固定撮影(馬頭星雲と燃える木星雲)

本日は全国的に強風・強雨への注意喚起が報じられていますから、不要不急の外出は控えたいと思います。 さて、本日紹介する画像は馬頭星雲と燃える木星雲の固定撮影画像になります。 撮影日時:2021年2月6日21h28m (露出:900sec単画像) 撮影地:北軽井沢 カメラ:ニコンD810A(ISO800) レンズ:…
コメント:0

続きを読むread more

望遠星景(昇るスタークラウド)

本日、3月1日は2021年に入り丁度60日目の節目になります。 また、3月は未明の薄明開始時刻が急速に早まり、星空撮影時間が稼げなくなる寂しいシーズンの始まりでもあります。 そして、この星空撮影時間が短くなる分は、集中力UPでカバーしたいと思う今日この頃です。 さて、本日は2月20日未明に撮影した望遠星景画像の紹介です。 …
コメント:0

続きを読むread more