M64

満月期で曇天ですから、次の新月期の星見遠征プランをいろいろと妄想中です。しかしながら、3月は菜種梅雨で天気が安定しないのが心配になります。

さて、本日は2月20日未明に撮影した春の銀河画像の紹介です

210219_4(d6)c.jpg

撮影日時:2021年2月19日24h44m (露出:120sec×56枚加算平均)
撮影地:霧ヶ峰富士見台
カメラ:ニコンD6(ISO6400)
レンズ:AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR
    +TELECONVERTER TC-14E III (560mmF8)
赤道義:GN170(ノータッチ)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7

黒眼銀河の愛称で知られるM64を560mmで撮影し約1000mm相当にトリミングした画像になります。

口径20cmクラスの望遠鏡(倍率100倍程度)で観察すると明るい中心部が、きわだって見えます。
また、空の暗い遠征地で見ると、明るい中心部の片側に暗く影になっている様子が分かるようになります。






































































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント