IC4592

これまでスギ花粉飛散時期は、花粉症で星空撮影に集中できないシーズンでしたが、昨年あたりから花粉症の症状が無く、この時期の星空撮影が楽になり、多くの釣果が期待できそうです。

さて、本日は2月20未明に撮影した星雲画像の紹介です。

210219_6(d810a).jpg


撮影日時:2021年2月19日27h08m (露出:180sec×35枚加算平均)
撮影地:霧ヶ峰富士見台
カメラ:ニコンD810A(ISO3200)
レンズ:AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR (F5.6)
赤道義:GN170(ノータッチ)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージVer.7

春霞で光害(ひかりがい)が増幅された状況で撮影したため反射星雲を強調するとバックグラウンドが粗れた感じになってしまいました(リベンジが必要かも?)。






























































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

ひろたろう
2021年02月25日 13:21
クマクマさん、お疲れ様です。
青い馬頭星雲青く美しいですね(╹◡╹)
やる事がとても早いですね!
もう夏の星雲なのですね!(◎_◎;)
それにしても見事な作品であります。
くまくま
2021年02月25日 16:31
ひろたろうさん お疲れ様です。
オリオン座のどこを切り取ってもフォトジェニックになるように、サソリ座もどこを切り取ってもフォトジェニックで何度撮影しても飽きない対象になります。
しかし、日本ではサソリ座の地平高度が低いのと季節的に残念な天気が多くシャッターチャンスが少ないように思います。