星雲の固定撮影

1月24日は『牛肉の日』だそうです。この由来は、1872年(明治5年)に、明治天皇が初めて牛肉を試食された日で、日本で現代の牛肉文化がはじまった日とされていますから、本日は、お昼にコンビニの牛丼弁当を食したいと思います。

さて、本日は、ある星雲を焦点距離560mmで固定撮影した画像を紹介いたします。

210113_4-3(d810a).jpg

撮影日時:2021年1月13日24h35 m (露出:900sec単画像)
撮影地:北軽井沢
カメラ:ニコンD810A(ISO800)
レンズ:AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR
    +TELECONVERTER TC-14E III (560mmF8)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2

この固定撮影画像の星雲は何でしょうか?
(答えは下にスクロールいただければ追尾画像が確認できます)



























































答えはバラ星雲(NGC2237、2238、2239、2246)
撮影データは過去ブログを参照ください
URL:https://05401218.at.webry.info/202009/article_5.html
200929_3-1(d810a).jpg

































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス

この記事へのコメント

2021年01月24日 09:16
はじめまして。
素晴らしく柔軟な発想ですね! 雑誌のフォトコンにもこういうカテゴリーがあれば面白いのに、と思いました。

自分はM42かなと思いましたが、自動導入をCMOSカメラでモニターしているとあんな感じで入ってきます。しかし、ばら星雲で大外れ(笑)
くまくま
2021年01月24日 11:19
シベットさん お疲れ様です。
弊ブログへの訪問及びコメントを頂きありがとうございます。
星雲画像はブロードバンドからナローバンド描写が主流になりつつある昨今において、星の色にこだわった表現手段を考える中で思いついた表現になります。
この表現はいろいろに展開できるように思いますので今後もいろいろと試行錯誤を続けていくつもりです。
2021年01月24日 15:49
こんにちは
現代芸術的な発想ですね。
ひとつ教えてください。薔薇星雲やオリオン星雲を見る天体望遠鏡のオススメはズバリどこの何という製品が良いですか?たまたま外に出ず窓からオリオン座やシリウスなど見えるので、思いきってひとつ買ってみようと思ってます!
くまくま
2021年01月24日 16:44
ROKOさん お疲れ様です。
おすすめ望遠鏡ですが、望遠鏡の話をする前に説明しておきたいことがあります。
バラ星雲やオリオン座大星雲のピンク色を期待されての問い合わせかと思いますが、人間の眼は暗所では色を感じることができません。
したがって、バラ星雲やオリオン座大星雲は青白光芒に見えるだけになります(ピンク色は写真撮影して分かる色になります)。
窓から星空を見るのであれば天体望遠鏡よりも双眼鏡がお勧めになります。
具体的には8×40(倍率8倍、口径40mm)が良いかと思います。
まずは、家族や友人に双眼鏡を持っている方がいれば、その方に双眼鏡を借りて星空を見て判断するのが良いかと思います。
また、星空や機材の情報を得るには下記サイトを参照ください。
http://www.astroarts.co.jp/
https://www.nikon-image.com/enjoy/life/stars/