ノクト星景(半月光欲)

ニコンD6を愛用していて画素数とダイナミックレンジの広さのバランスが大事であって高画素=高画質ではないということに最近、気付かされたように思います。

また、ニコンのZマウントレンズも14-24ズーム、24-70ズーム、20mm、ノクトと星景写真用レンズが揃ってきましたから現在保有のZ7(4575万画素)のサブ機が欲しいと思っていたところZ6Ⅱ(2450万画素)が発売され早速購入したしだいです。

それでは、先般撮影しましたZ6Ⅱの筆おろし星景画像を紹介いたします。

201209_6(z6-2).jpg


撮影日時:2020年12月9日(27h30m 露出3sec×6枚加算平均)
撮影地:北軽井沢
カメラ:ニコンZ7(ISO3200)
レンズ:NIKKOR Z 58mm f/0.95 S Noct (開放)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7

月齢24の月に照らされた浅間山とプレアデス星団を組み合わせた星景画像になります。

Z7との比較画像は撮影しておらず、感覚的にはなりますが月に照らされた浅間山の地肌と草紅葉の描写がマイルドで当方好みの表現となりました。
























































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント