星景写真(後立山連峰と火星)

火星が2年2ケ月ぶりに近づき(今回は約6210万km)マイナス2等級の明るさで目立存在となっています。

そこで、先般の遠征では目立つ火星をモチーフに星景写真を作画しましたので、その画像を紹介いたします。

201020_4(d4).jpg


撮影日時:2020年10月20日29h02m(露出:3sec単画像)
撮影地:渋峠(長野県側)
カメラ:ニコンD6(ISO1600)
レンズ:AF-S NIKKOR 105mm f/1.4E ED (開放)
赤道義:GN170(ノータッチ)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2

薄明のマジックアワーのタイミングで長野市の街明かりと後立山連峰を前景に西に傾いた火星を作画した作品になります。

街明かりのイエローを対比させるため意図的に薄明のレイリー散乱由来でバックグラウンドをブルーに発色させるとともにオレンジ色の火星が加わることで神秘性が増幅したように思います・・・。


ご参考に、後立山連峰を構成している山々の名称を記した画像も紹介しておきます。
201020_4a(d4).jpg
























































































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント