ペルセウス座流星群

8月12日夜から13日未明にかけてペルセウス座流星群がピークでしたが残念な天気で遠征を断念しました。

その理由は、GPV天気予報で13日夜から14日未明の方が、晴天率が高いと判断したためです。

そして、昨夜は雲が散在する状況ではありましたが1時間当たり約10~15個の群流星を観望することができましたし、流星画像も1カットものにできましたから、その釣果を紹介いたします。

200813_1(d6).jpg


撮影日時:2020年8月13日(23h09m 露出:60sec×単画像)
撮影地:北軽井沢
カメラ:ニコンD6(ISO6400)
レンズ:AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED(15mm開放)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7

ここに紹介した画像のこと座はくちょう座の間に微かに写っている流星は-2等級でしたが御覧の通りの写りでガッカリ画像になりました。

そして、魚眼ズーム15mmの開放F値が4.5と暗く流星撮影には向かないことを痛感させられた一枚です。


また、流星の写らなかった空振り画像も紹介しときます。

200813_2(d6).jpg


撮影日時:2020年8月13日(22h36m 露出:60sec×4枚加算平均)
撮影地:北軽井沢
カメラ:ニコンD6(ISO6400)
レンズ:AF-S Fisheye NIKKOR 8-15mm f/3.5-4.5E ED(15mm開放)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7


















































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

ひろたろう
2020年08月14日 18:41
くまくまさん、こんばんは。
ペルセウス座流星群を楽しめた様ですね!
流星もいっぱい入り込んで見事な作品です。
強いて言えば薄雲が惜しかったですかね?
でもこの薄雲もアクセントに成って悪く無いですね(╹◡╹)
ふたご座流星群も楽しみですね(^∇^)
くまくま
2020年08月14日 20:08
ひろたろうさん お疲れ様です。

ペルセウス座流星群は当方にとっては思い入れのある流星群になります。
それは、1992年9月27日、コメットハンターの木内鶴彦さんがペルセウス座流星群の母彗星スイフト・タットル彗星を再発見した時に立ち会えたのが理由になります。
当時、木内さんは八千穂高原をベースに25×150双眼鏡で彗星捜索していて未明3時頃に北斗七星の柄杓の中に位置していた彗星を発見し、その直後25×150双眼鏡で観望させていただいたのがペルセウス座流星群への思い入れになっています(天文愛好歴で最高の思い出になります)。
また、対角魚眼レンズで映える(バエル)大彗星が出現してほしいと思う今日この頃です・・・。