ニコンD6で撮影したM33

ニコンD6は主にネイチャー写真や星景写真で運用しようと考えていましたが、8月15日に撮影したM31で、滑らかで立体感のある画像が得られ星雲写真の運用も可能と考え、8月19日夜はM33を撮影してみました。

それでは、ニコンD6で撮影したM33画像を紹介いたします。

200819_3(d6).jpg


撮影日時:2020年8月19日23h02m (露出:120sec×48枚加算平均)
撮影地:渋峠(長野県側)
カメラ:ニコンD6(ISO6400)
レンズ:AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR
    +TELECONVERTER TC-14E III (560mmF8)
赤道義:GN170(ノータッチ)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7

想定通りM33においても滑らかで立体感ある画像が得られニコンD6のポテンシャルが確認できた感じです。

この結果および露出モードM、900秒仕様から、天体写真適性を考慮した画像エンジン設計になっていることが推測されます。

IR改造を悩むところです・・・。


また、比較で先般のM31画像もUPしときます。

200815_1(d6)a.jpg


撮影日時:2020年8月15日23h9m (露出:120sec×48枚加算平均)
撮影地:渋峠(長野県側)
カメラ:ニコンD6(ISO6400)
レンズ:AF-S NIKKOR 400mm f/2.8E FL ED VR
    +TELECONVERTER TC-14E III (560mmF8)
赤道義:GN170(ノータッチ)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7


















































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

ひろたろう
2020年08月22日 09:15
くまくまさん、こんにちは。
ニコンD6カメラはとてもポテンシャルの高いカメラですね!(◎_◎;)
発色も良く素晴らしい写りだと思います。
おっしゃる通りIR改造により赤い星雲(H II領域)も写ると無敵になるでしょうね(╹◡╹)
くまくま
2020年08月22日 10:33
ひろたろうさん お疲れ様です。

ニコンD6のIR改造に関しては、M45と周辺の分子雲、アイリス星雲を含む分子雲を撮影し、その結果でIR改造を判断したいと考えています(10月の新月時期には結論が出るかも?)。