星景写真(夜明けの銀河)

本日も4月28日未明に撮影した星空写真の紹介です。

星空写真のセオリーとしてはバックグラウンドをニュートラルグレーするのが一般的です(薄明、月明り、光害の無いタイミングで撮影すると必然的にニュートラルグレーになります)。

しかし、星景写真ではバックグラウンドをブルーやパープルにすることで感情誘導ができることからニュートラルグレーよりブルーやパープルを多用されるように思います。

さて、本日紹介する画像は薄明時に撮影しバックグラウンドをブルーにした星景画像になります。

200427_8b(z7).jpg


撮影日時:2020年4月27日(27h31m 露出5sec×6枚加算平均)
撮影地:渋峠(長野県側)
カメラ:ニコンZ7(ISO12800)
レンズ:NIKKOR Z 20mm f/1.8 S (F2.2)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7

アニメやイラストで扱われる星空は、バックグラウンドが群青から青へのグラデーション的な表現が多いように思います。

そして、一般の方々には、この表現が刷り込まれているためかバックグラウンドがニュートラルグレーよりブルーの方が、ウケがいいように思います・・・。































































ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 7

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント