星景写真(夏の銀河と遠雷)

日本気象協会のサイトを見ると関東の梅雨明けは、ほぼ平年並みで7月21日頃と報じられていました。梅雨入りの前はエルニーニョ現象由来で、冷夏になり天候不順が続くとの長期予報でしたが、先般エルニーニョ現象が終息し、ほぼ平年並みの夏になるとの予測に変更されたようです。

さて、本日も過去画像の紹介です。

150808_a8(d810a).jpg

撮影日時:2015年8月8日(22h36m 露出:10sec×8枚)
撮影地:渋峠(長野県側)
カメラ:ニコンD810A(ISO12800)
レンズ:AF-S NIKKOR 24mm f/1.4G ED (F2.8)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7にて合成

雲海に浮かぶ夏の銀河と遠雷をコラボさせた作品になります。

偶然に派手な遠雷があり、24mmの画角でも存在感のある遠雷が描写できたように思います・・・。

尚、遠雷の方向には穂高連峰が位置しています。








この記事へのコメント