2019年前半ベストセレクション(星雲星団編)

所用で6月21日に実家(四国)へ帰省いたします。帰省中はブログ更新ができませんから、少し前倒しになりますが毎年恒例のその年の前半ベストセレクション星雲星団編をUPいたします。

6月末は1年の折り返しになります。そして、2019年前半は、この更新を含めて124更新になり、そのうち星雲星団画像の更新数は22更新と少ない状況です。

昨年12月からリタイア生活に入り、釣果が大幅に増えると考えていましたが、時間ができた分、質を追求したため思うように釣果が伸びなかったように思います。

それでは、2019年前半の星雲・星団画像ベストセレクションを紹介いたします。


★さそり座頭部の散光星雲(105mm)★
みんな大好き「さそり座頭部の散光星雲」を105mmで切り取った1枚、さそり座δ星、π星付近をとりまく反射星雲とHII領域が想定以上に描写できました(データは過去ブログを参照ください)。
URL:https://05401218.at.webry.info/201904/article_5.html
画像



★木星とS字暗黒帯★
木星がへびつかい座のS字状暗黒星雲に接近したランデブー画像です(データは過去ブログを参照ください)。
URL:https://05401218.at.webry.info/201903/article_16.html
画像



★さそり座頭部の散光星雲(400mm)★
「さそり座頭部の散光星雲」を400mmで切り取った1枚、球状星団M4のツブツブ感が上手く表現できたように思います(データは過去ブログを参照ください)。
URL:https://05401218.at.webry.info/201904/article_5.html
画像



★M8、M20からバンビの横顔★
「M16、M17からバンビの横顔」コラボは多く見られますが、「M8、M20からバンビの横顔」コラボはあまり見ないように思います(データは過去ブログを参照ください)。
URL:https://05401218.at.webry.info/201904/article_10.html
画像



★さそり座頭部の散光星雲(135mm)★
「さそり座頭部の散光星雲」を135mmで切り取った1枚、青い馬星雲(IC4592)とアンタレス付近の散光星雲がバランスの良い作品になりました(データは過去ブログを参照ください)。
URL:https://05401218.at.webry.info/201905/article_4.html
画像



★NGC7000★
北アメリカ星雲は300mmの画角が、収まりが良いように思います。デジタル適性が考慮されていない1世代前のDタイプレンズの作品です(データは過去ブログを参照ください)。
URL:https://05401218.at.webry.info/201906/article_6.html
画像









この記事へのコメント

この記事へのトラックバック