岩本彗星&M38、IC405、IC410

昨夜は岩本彗星がM38散開星団および勾玉星雲と呼称されるIC405、IC410に最接近でしたから、その画像を得るため北軽井沢へ星見遠征したしだいです。それでは昨夜の釣果を紹介いたします。

画像


撮影日時:2019年3月1日(20h08m 露出:180sec×16枚加算平均合成)
撮影地:北軽井沢
カメラ:ニコンD810A(ISO1600)
レンズ:AF-S Nikkor 300㎜ F2.8DⅡ(F4.5)
赤道義:GN170(ノータッチ)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7にて合成

当方が保有するサンニッパは、ニッコールレンズでは一世代古いDタイプレンズのため使用頻度が少ないレンズでしたが今回は300mm画角が最適と考え使用したしだいです。

Dタイプは、現行のGタイプ、Eタイプに比べると輝星に出る9枚羽絞り由来の光条が当方としては嫌な感じを受けます。

天文愛好家に主流のキヤノン製、カメラを使用しないのは、キヤノン製、レンズの絞り羽由来の光条が嫌いなためです・・・。






この記事へのコメント

この記事へのトラックバック