アンタレス付近の散光星雲

薄明開始前にさそり座頭部が南中する時期になりました。昨日未明はアンタレス付近の散光星雲撮影を目的に北軽井沢へ遠征したしだいです。また、アンタレス付近の散光星雲はカラフルな領域で超望遠、中望遠、標準など様々な焦点距離の対象になる星雲星団写真愛好家に人気の領域です。それでは、昨日未明に撮影した散光星雲画像を紹介いたします。

画像


撮影日時:2019年3月11日(26h35m 露出300sec×8枚加算平均合成)
撮影地:北軽井沢
カメラ:ニコンD810A(ISO800)
レンズ:AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II(F4.0)
赤道義:GN170(ノータッチ)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7にて合成

当初の撮影プランは400mmで撮影する予定でしたが、風が強い状況から200mmで撮影したしだいです。

春先の星空で、透明度は良くない状況でしたが、それなりに散光星雲が描写されました(当方の画像処理スキルでは限界です)・・・。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック