金星とM8、M20

先般、清里方面の星見遠征は南風が入り透明度が悪く、夏の銀河が昇る南東方向は東京方面の光害が増幅され夏の銀河近傍の撮影はあきらめていました。しかしながら、金星とM8、M20のランデブーを記録写真として残しておこうと思い撮影したのが、ここに紹介する金星とM8、M20のコラボ画像になります。

画像


撮影日時:2019年2月6日(29h18m 露出:300sec×2枚加算平均合成)
撮影地:山梨県立 まきば公園付近
カメラ:ニコンD810A(ISO400)
レンズ:AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II(F5.6)
赤道義:GN170(ノータッチ)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7にて合成

星空のコンディションが悪いのに加え薄明始まりから露出を開始したため積算露出は10分と短時間ですが、想定以上にM8、M20が描写され驚いています。

また、金星のニジミが大きいのは星空の透明度由来でヘイズが強かったためです(残念)。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック