12月5日のウィルタネン彗星

埼玉県北部は11、12月の晴天率が高い地域ですが、今シーズンはエルニーニョ現象由来で暖冬傾向にあり、晴天率が低下してウィルタネン彗星の観望ペースが上がらない状況です。そんな中、本日は、わずかな晴れ間を期待して赤城山に遠征いたしましたので、その釣果を紹介いたします。

画像


撮影日時:2018年12月5日18h20m (露出:300sec×2枚加算平均)
撮影地:赤城山小沼駐車場
カメラ:ニコンD810A(ISO400)
レンズ:AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II(F4.0)⇒300mm相当にトリミング
赤道義:GN170(ノータッチ)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7にて合成

薄明終わりから、わずか30分の晴れ間に撮影したカットで、低空の悪条件下での撮影になってしまいました。また、彗星光度は8×56双眼鏡で5.0等と見積もりました。

比較として11月29日の撮影画像も紹介いたします(11月29日は透明度にめぐまれた会心画像です)。

画像


撮影日時:2018年11月29日21h18m (露出:300sec×2枚加算平均)
撮影地:北軽井沢
カメラ:ニコンD810A(ISO800)
レンズ:AF-S NIKKOR 200mm f/2G ED VR II(F4.0)⇒300mm相当にトリミング
赤道義:GN170(ノータッチ)
レタッチ:Nikon Capture NXD+Nikon Capture NX2+ステライメージ Ver.7にて合成





この記事へのコメント

この記事へのトラックバック